二日酔いを解消する様々な方法を紹介!すぐに役立つ実践的な17の方法を解説

二日酔いを解消する方法|これであなたの二日酔いも解消できる【二日酔い解消ナビ】

活動

二日酔いにならないためには、深酒をしないのが一番イイ!!

投稿日:

二日酔いにならないためには、深酒をしないのが一番イイ!!

頭痛や胃痛、吐き気や倦怠感など、二日酔いになると何もしたくない!ベッドから起き上がるのも辛い!という経験をしたことがある人は多いのですが、中にはお酒を飲む度に二日酔いになっているという人もいます。

なってしまった二日酔いを解消する方法はたくさんありますが、まずは二日酔いにならないようにお酒を楽しむことが大切です。

二日酔いはお酒を飲みすぎるから起こる

二日酔いはお酒を飲みすぎるから起こる

お酒が強い人、弱い人様々ですが、強い人でもその日の体調によっては弱くなってしまうこともあります。

人それぞれお酒の適正量というものがあり、二日酔いになってしまうのは適正量を超えて飲んでいるから、つまり飲み過ぎです。

チャンポンは特に危険

お酒の席で、ビールや日本酒、カクテルやワインなど、いろいろな種類のお酒をチャンポンして飲むと悪酔いしやすいと言われていますが、実はお酒の種類は関係ありません

チャンポンをしているということは、それだけ大量のお酒を飲んでおり、チャンポンは悪酔いしやすくなるだけでなく、二日酔いも起こりやすくなります

二日酔いにならないためには深酒をしないのが一番

二日酔いにならないためには深酒をしないのが一番

翌朝の辛い二日酔いをできるだけ回避したいのであれば、深酒をしない。つまりお酒を飲みすぎないのが一番の方法です。

そのためにも自分の酒量を知って、コントロールしましょう。

適量ってどのぐらい?

お酒が強い人、弱い人でもお酒の適量は違いますが、その日の体調や性別、年齢などによっても適量は変わってきます。

例えば、女性は一般的に男性よりもお酒に弱いと言われており、体内の水分量が少ないことや、男性よりも体格や肝臓が小さいことが理由とされています。

また高齢になればなるほど、体内の水分量が少なくなることでアルコールの分解も低下し、お酒に弱くなってしまいます。

さらに日本人の約4割は遺伝的にお酒に弱い体質であり、7%前後の人は遺伝的にお酒を全く飲めない体質であることもわかっています。

こういったことから、自分の酒量を普段から知っておくことが大切です。

お酒に強いか弱いかを判断する方法

お酒は好きだけど、自分がお酒に強いか弱いかイマイチわからないという人は以下の方法で判断してみましょう

お酒を飲むと顔が赤くなるかどうかで判断する

お酒を飲むと顔が赤くなるのは、お酒に弱い人の特徴の一つです。
フラッシング反応といい、アルコールの分解酵素が少ないことから、この反応が出やすくなってしまいます。

お酒を飲んだ翌日の口臭で判断する

お酒に弱い人はアルコールの分解酵素が少ないことから、アルコールの分解に時間がかかるため、翌日に口臭という形で残ってしまいます。

飲んでから時間が経っているのに、お酒臭いと感じる場合はお酒に弱いといえるでしょう。

自分の酒量を知る方法

お酒なら基本的になんでも飲めるよ!!という人や、たとえ一口でもお酒を飲むと気分が悪くなってしまうという人など様々ですが、自分の酒量を知る方法として簡単なのはお酒を飲んだときの状態です。

自分にとっての適量は、「ほろ酔い」であり、ほろ酔いを通り越して酩酊状態になってしまうと適量とは言えません。

楽しくお酒を飲むためにも、ほろ酔い程度に抑えるようにしましょう。

二日酔いにならないためには、深酒をしないのが一番!まとめ

二日酔いにならないためには、深酒をしないのが一番!まとめ

お酒を飲むことで気分がよくなり、楽しい時間を過ごすことができますが、飲みすぎると二日酔いを起こしやすくなります。

二日酔いになってしまう前に、まずはお酒の量をコントロールして、飲み過ぎを防ぐようにしましょう。

-活動

Copyright© 二日酔いを解消する方法|これであなたの二日酔いも解消できる【二日酔い解消ナビ】 , 2019 All Rights Reserved.