二日酔いを解消する様々な方法を紹介!すぐに役立つ実践的な17の方法を解説

二日酔いを解消する方法|これであなたの二日酔いも解消できる【二日酔い解消ナビ】

ズキズキ痛い二日酔いの頭痛は冷やすと解消できる?その理由とは

活動

ズキズキ痛い二日酔いの頭痛は冷やすと解消できる?その理由とは

更新日:

お酒を飲んだ翌日、ズキンズキンと頭の痛みで目を覚ましたという経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

お酒を飲んだ翌日は体内にアセトアルデヒドが残っていることで、頭痛が起きやすくなります。
辛い二日酔いの頭痛は、鎮痛剤を飲む前に冷やしてみましょう

二日酔いの頭痛はなぜ冷やすと改善するのか、その理由を紹介します。

二日酔いの頭痛はなぜ起こる?

二日酔いの頭痛はなぜ起こる?

二日酔いの症状は、体内に入ったアルコールがアセトアルデヒドという毒性の強い物質に変化し、このアセトアルデヒドによって引き起こされます。

アセトアルデヒドは血中に溶け込み、頭痛以外にも様々な症状を引き起こすのですが、アセトアルデヒドと頭痛にはどんな関係があるのでしょうか。

アセトアルデヒドと頭痛の関係

アセトアルデヒドは、血管を拡張させる作用があり、脳の血管がアセトアルデヒドによって拡張され、拡張した血管が神経を圧迫してしまうことで頭痛が起こってしまいます。

アセトアルデヒドが血中に残っている間は血管が拡張されてしまうので、なかなか頭痛も改善しませんが、次第にアセトアルデヒドが分解され体外に排出されると痛みも治まっていきます

偏頭痛の人はさらにアセトアルデヒドの影響を受けやすい!

偏頭痛は頭蓋内にたくさん存在している神経終末という部分が、何らかの理由によって刺激されると血管作動物質という物質が放出されます。

この物質によって血管が拡張して、炎症が発生し、痛みに繋がるのですが、アセトアルデヒドが加わることで偏頭痛を起こす引き金になる可能性が高く、偏頭痛持ちの人はそうでない人と比べて、アセトアルデヒドの影響を受けやすいことから、お酒の飲み過ぎには注意が必要です。

辛い二日酔いの頭痛は冷やして解消しよう

辛い二日酔いの頭痛は冷やして解消しよう

二日酔いの頭痛は脳の血管が拡張して、神経を圧迫していることで起こっていることから、冷やすことで血管を収縮させて痛みを和らげることができます

アイスノンや氷嚢、冷たい水で濡らしたタオル、冷たく冷やしたペットボトル飲料などを、直接頭に当てて冷やしましょう。

鎮痛剤は注意が必要?

辛い頭痛から逃れるために、鎮痛剤を使用するという人もいるのではないでしょうか。

頭痛を改善する鎮痛剤はドラッグストアでも安易に手に入るので、自宅にストックしているという人も多いでしょう。
ですが二日酔いのときに頭痛を改善するために鎮痛剤を使用するのはおすすめできません

というのも、アルコールやアセトアルデヒドによって肝臓や胃腸は非常にデリケートになっています。鎮痛剤を使用してしまうと、さらに肝臓や胃腸にダメージを与える可能性が高く、できるだけ鎮痛剤を飲まずに二日酔いの頭痛は対処するのがおすすめです。

どうしても鎮痛剤を使用したいという場合は、胃腸薬も一緒に飲むようにしましょう

ズキズキ痛い二日酔いの頭痛は冷やすと解消できる?まとめ

ズキズキ痛い二日酔いの頭痛は冷やすと解消できる?まとめ

二日酔いの頭痛を解消するには、頭を冷やすのが効果的です。

ただし、頭を冷やすだけでは頭痛の根本的な原因となっているアセトアルデヒドの分解や排出を促進することはできません。

水分を補給するなど他の方法と組み合わせながら、頭痛を和らげる方法として取り入れてみましょう。

-活動

Copyright© 二日酔いを解消する方法|これであなたの二日酔いも解消できる【二日酔い解消ナビ】 , 2019 All Rights Reserved.